一回法

一回法は、外科手術が一回で済むので患者への負担が軽いというメリットがあります。

しかし、インプラントが骨と確実に結合するまでに細菌感染する可能性や力がかかってしまいインプラントの骨結合に悪影響を及ぼす場合があります。

二回法

二回法は、歯肉の中に完全に埋め込むので細菌感染や治癒期間中に力がかかるの心配もありません。 しかし、歯肉の切開を二度行う必要があります。